育毛剤と養毛剤ってよく聞くけど一体何が違うの? | 育毛剤のおすすめ厳選!【イクカツ】育毛活動を応援する育活サイト






育毛剤と養毛剤ってよく聞くけど一体何が違うの?

育毛剤と養毛剤は、どちらも薄毛を改善するためのヘアケアアイテムですが、目的としていることがまったく違うので、配合されている成分にも違いがあります。

育毛剤は名前の通り、今ある髪の毛を健康に育てたり、抜け毛にならないように毛根組織などに働きかけるというのが目的です。 一方、養毛剤は髪の成長ではなく、抜け毛にならないように、ダメージを受けやすくなった髪を保護するのが目的なのです。

このように目的や役割がそれぞれに違うので、当然ですが使われている成分も異なります。

育毛剤と養毛剤の違い

育毛剤に含まれる成分には医薬成分が含まれてるので医薬部外品になりますが、養毛剤には医薬成分が含まれていないため化粧品扱いとなります。

単純に言うと、細くなったりコシがなくなったり、抜けやすくなった髪の毛の状態を積極的に改善するのが育毛剤で、ドライヤーや紫外線などで傷んだ髪を健康にするというライトな効果があるのが養毛剤なのですね。

もちろん人によって髪の毛の状態は異なりますし、求める効果も違いますから、一概にどちらが良いということは言えません。

ただ、薄毛を改善するために髪を芯から健康な状態にしたい、抜け毛を減らしたいという場合には、薬効がある育毛剤を使った方が効果を実感できます。 養毛剤の場合は、コンディショナーと同じような効果しかないので、育毛という点で言えば効果が低くなります。

自分に合った育毛剤を選ぶことが大事

そのため、育毛のために養毛剤でケアしているけど効果がないという方もいるでしょう。 ですがこれは養毛剤が悪いのではなく、目的に対して使うアイテムが間違ってしまっているのです。

確かに養毛剤の方が価格も安いですし、成分の違いなどを知らない場合は、養毛剤の方が手軽なのでこちらを選んでしまうかもしれません。 もし傷んだ髪を健康にしたいというのであれば、養毛剤でも効果を実感することはできるでしょう。

ただし、養毛剤は毛根組織に働きかける成分は入っていないので、髪を芯から健康にしたり抜け毛を予防することできません。 ですので、育毛を目的としてヘアケア剤を使うのであれば、育毛剤を使用するのが正しい選択と言えるのです。