フィナステリドという成分






フィナステリドというのはどんな成分?

フィナステリドの成分とは?

フィナステリドは育毛剤に配合されている有効成分の一つで、抗アンドロゲン薬になります。 育毛剤に関しての知識がある方にはよく知られていることですが、フィナステリドはもともと前立腺がんや前立腺肥大症などの治療薬として使われていました。 この治療を行っている時に、副作用として患者さんの多くが多毛症になったことから育毛剤としての研究開発が始まり、現在では60ヵ国以上でAGA治療薬として使われています。
フィナステリドが開発されるまでは、AGA(男性型脱毛症)の特効薬はなかったので、成人男性の脱毛でもっとも多いAGAの悩みの救世主とも言えるのがフィナステリドなのです。

フィナステリドの効果

フィナステリドは、AGAの直接的な原因となるジヒドロテストステロンの生成を抑えるという効果が認められています。 ジヒドロテストステロンは、男性ホルモンのテストステロンと5αリダクターゼという還元酵素が結びつくことで生成される男性ホルモンです。 ジヒドロテストステロンが毛乳頭細胞の受容体と結合すると、髪の成長をストップさせてしまうため、ヘアサイクルが乱れて成長期の髪が抜けたり、休止期の髪が増えてしまい薄毛やハゲを引き起こします。
また、ジヒドロテストステロンには皮脂を過剰分泌を促します。 頭皮の皮脂が過剰になると、毛穴が塞がれてしまい、成長しようとしている髪の毛を妨げてしまいます。 このようにジヒドロテストステロンは直接的にも間接的にも抜け毛を引き起こし、最終的には髪を失ってしまう作用があるのです。
フィナステリドというのは、5αリダクターゼの働きを阻害し、脱毛ホルモンが生成されるのを防ぐという効果があるので、AGA治療薬として高い効果を得ることが出来るのですね。

すぐに効果はでない!

ただし、いくら効果が高いと言っても、フィナステリドを摂取したからといってすぐにAGAが改善されるわけではありません。 初期の薄毛なら1年ぐらいで約50%は元に戻りますが、中程度以上の薄毛だと改善できたという効果を得るまでは3年程度かかると言われています。 ですので数ヶ月で結果出ないといってやめたりせず、気長に継続して服用することがAGA対策に繋がります。