育毛剤サプリメントの特徴






育毛剤サプリメントの一般的な特徴について

育毛サプリメントの特徴とは?

育毛サプリメントとは、名前の通り育毛の促進が期待できる成分が配合された健康補助食品になります。 フィナステリドやミノキシジルなど薬用成分が配合された育毛剤とは違い、天然由来の成分や栄養成分が配合されているというのが育毛サプリメントの特徴です。
今は、いろいろなメーカーから発売されていて、それぞれに配合されている成分も異なりますが、イソフラボン、亜鉛、カプサイシン、ノコギリヤシエキスが主な成分になります。

イソフラボン

イソフラボンは食品では大豆に多く含まれるので、大豆イソフラボンとも呼ばれますが、女性ホルモンのエストロゲンと似た作用を持っています。 エストロゲンは毛母細胞の働きを活発にする効果があり、イソフラボンにも同様の効果があると言われていて、発毛を促進する成分として育毛サプリメントに配合されています。

亜鉛

亜鉛は、髪を作る元となる成分です。 髪はタンパク質の一種であるケラチンでできていますが、アミノ酸をタンパク質に変性させてケラチンとして合成するのが亜鉛です。 また、亜鉛は毛母細胞の分裂を促進する働きも持っているので、育毛には絶対欠かせない成分です。

カプサイシン

トウガラシの辛味成分であるカプサイシンはダイエット効果がある成分として知られていますが、とにかく血行を促進する効果が高いのが特徴です。 トウガラシをたくさん食べると汗が吹き出すことから分かるように、血行を瞬時に促進して代謝を活性化するので、頭皮の血流改善効果が期待できます。

ノコギリヤシ

ノコギリヤシはハーブの一種で、ネイティブアメリカンが食していたことで知られています。 前立腺肥大などホルモン異常によって起こる症状に効果があると言われていて、男性ホルモンによる脱毛症への効果も期待できます。
育毛サプリメントは、塗るタイプの育毛剤と違ってダイレクトに頭皮に働くものではありませんが、毛根組織を活性化するには内側からのケアも必要です。
薬効はないのですぐに効果が実感できるものではありませんが、続けることで薄毛が改善されていく効果があると言われているので、育毛剤のプラスαのケアとして利用してみるといいですね。