ミノキシジルの効果






ミノキシジルって育毛剤に入っているものは効果ある?

ミノキシジルの効果

ミノキシジルは、フィナステリドと並んで育毛剤に有効成分として配合されることが多い育毛効果がある薬用成分です。 ミノキシジルというのは血管拡張剤として医療現場で使われていたもので、強制的に血管を拡張するという効果があるので、血管が細く流れが詰まりやすい頭皮の血液の流れもスムーズにしてくれます。 頭皮の血行が促進されると、全体的に栄養が行き渡るので毛根組織の働きが活性化されます。 また、ターンオーバーのサイクルも正常化されるので、古い角質がきちんと剥がれ落ちていきますから、毛穴の詰まりを予防して頭皮環境を良好に保つ効果も期待できます。 これらの効果に加えて、最近ではテストステロンを脱毛ホルモンであるジヒドロテストステロンに変換する、5αリダクターゼ酵素の働きを阻害する作用も発見されました。
5αリダクターゼは、成人男性の薄毛でもっとも多いAGA(男性型脱毛症)を引き起こす、一番の要因と言われているものです。
この働きを阻害すれば、毛根組織の働きを低下させて脱毛を促すジヒドロテストステロンの量も減少するので、抜け毛を効率よく改善することができます。

ミノキシジルの意外な効果

さらに、確実な効用とは言えないのですが、ミノキシジルには毛母細胞を活性化して分裂を促進する効果がある、という研究データが発表されました。 髪というのは、毛母細胞を繰り返し分裂を行うことで成長していきます。 つまりミノキシジルの毛母細胞活性効果は、育毛にダイレクトな効果があるということです。 もちろん効果には個人差があるので、ミノキシジルが配合された育毛剤を使ったからと言って、すぐに髪がふさふさになるということはありません。 ですが、ミノキシジルの血管拡張効果はすでに認められているものです。
そして栄養を行き渡らせる、ターンオーバーが正常に行われるようにする、というのは育毛ケアの基本です。
これだけでも十分な効果が期待できますし、さらに脱毛を引き起こす原因を阻害したり、髪の成長を促進する効果が期待できるのですから、使ってみて損はないと言えるでしょう。