ロゲインやリアップ






ロゲインやリアップってどういう育毛剤

有名な育毛剤、ロゲイン・リアップ

育毛に関心のある方はもちろん、テレビでもコマーシャルされていたので、ロゲインやリアップという名前を聞いたことがある方も多いでしょう。 ロゲインやリアップは育毛剤ですが一般用医薬品で、育毛効果があると認められ有用成分が配合されているので、薄毛や抜け毛に確実な効果を得ることができます。

気になる有用成分は?

これらの育毛剤の有用成分はミノキシジルになります。 ミノキシジルというのは、本来高血圧の治療に用いられていた成分で、血管を強制的に拡張する効果があり、血液の流れをスムーズにして高血圧症状を改善する効果を持っています。 この治療によって発毛する患者さんが多数認められたため、外用剤としての研究が行われ、現在は発毛効果のある成分として育毛剤似しようされるようになりました。 血管を拡張する効果が発毛に結びつくのは、血行を促進することで毛母細胞の働きを活性化できるからです。 髪は毛母細胞によって成長しますが、血行不良の状態だと働きが低下してしまうため、細胞の分裂が滞ってしまい健康な髪が生えにくくなります。
細く軟らかい髪というのは毛根組織も弱いため抜けやすく、例え成長期であってもちょっとしたことで抜け落ちてしまいます。
この症状が頭皮に広範囲にわたって起こると、全体が薄毛になってしまうのです。 ですが、ミノキシジルの血管拡張作用によって頭皮の血行が促進されると、毛母細胞の働きが活発になって細胞分裂も促進されます。 毛母細胞が分裂すると、太く健康な髪の毛が発毛していくので、結果的に抜け毛が減り薄毛も改善することができるのですね。
以前はロゲインの方がミノキシジルの濃度が高く、リアップの方が濃度が低いという違いがありましたが、現在は同濃度の商品が発売されています。
有用成分はどちらも同じなので、効果に関しても特に大きな違いはありません。 また、効果が認められているといっても、使ってすぐに髪が生えてくるということはなく、継続して使用することで効果を得ることが出来るので、どちらを使うにしても最低でも半年は使い続けましょう。