頭にふりかける育毛剤の使い方






一般的な頭に振りかける育毛剤はどういう使い方をする?

頭に振りかける育毛剤の使い方

育毛剤は服用するタイプやローションタイプ、ミストタイプなどいろいろな種類がありますが、もっともスタンダードなのは振りかけるタイプの育毛剤です。 現在主流となっていて、使用者が一番多い振りかける毛剤ですが、使い方次第で効果が大きく変わってきます。
口コミなどを見てみると、振りかけるタイプの育毛剤はまったく効果がない、というマイナスな意見もありますが、こういった場合は使い方を間違っていることが多いようです。

ただ振りかけても意味が無い?

振りかける育毛剤は、ただ振りかければ育毛効果があると勘違いしている方もいるかもしれませんね。 確かに頭皮に振りかけることも大事ですが、育毛をするためには、それを頭皮から浸透させる必要があります。 顔のスキンケアでも、美容成分がたっぷり入ったローションや美容液をただ塗っても効果がないのと同じで、有効成分というのは浸透させてこそ効果を発揮するのです。 育毛剤の場合だと、血行を促進したり、皮脂の過剰分泌を抑えたり、5αリダクターゼの働きを阻害する成分が含まれていますが、これらの成分は頭皮の表面でとどまっても意味がありますう。 どんな成分でも、肌の奥に浸透するからこそ内側の毛根組織へと働きかけることが出来るので、振りかける育毛剤でもしっかりと浸透させましょう。

決め手は頭皮マッサージ

そのために効果的なのが頭皮マッサージです。 頭皮に育毛剤を振りかけたら、10本の指の腹を使って念入りに育毛剤を揉み込むようにしてマッサージしましょう。 指の腹で揉み込むことで育毛剤は浸透しやすくなりますし、マッサージ効果で血液の流れも良くなるので、頭皮全体に有効成分が行き渡ります。
また、頭にはいろいろなツボがあり、マッサージをすることで自然にツボを刺激することができます。 頭皮のツボはリラックス効果を得られるものもあるので、抜け毛の原因の一つであるストレスを解消する効果も期待できます。
つまり頭皮マッサージをすると、育毛剤の効果をアップさせるのはもちろん、マッサージやツボ押しとの相乗効果でさらに効率よく抜け毛を改善することができるので、正しい使い方でケアしていきましょう。