AGAと育毛剤の種類






AGAと育毛剤の種類について

AGAは必ず治療が必要なわけではない?

AGAというと病院での治療が必要と思われがちですが、進行状況によっては育毛剤でもケアをすることができます。 髪の毛が細く、薄くてもほわほわと生えている状態であれば、まだ毛根組織は死んでいないので、適切なケアをすることで増やすことも可能です。 AGAを改善するには、機能が低下している毛根組織に必要な栄養を与えること、ジヒドロテストステロンの産生を抑えるために5αリダクターゼの働きを抑制することが必要になります。
育毛剤と一口に言っても、血行を促進したり、皮脂汚れを落としたり、皮脂の分泌を正常化するなど、種類によって効果が違います。
いくら口コミ評価が高く、効果があると言われているものでも、こういった効果だけではAGAには効き目がありません。 ですので、AGAを改善するために育毛剤を使う場合は、栄養を補給できると同時に5αリダクターゼを抑制する効果があると言われている成分が配合されているものを選びましょう。

5αリダクターゼを抑制するのは?

5αリダクターゼに働くと言われているのは、フィナステリドとアボダートという成分です。 フィナステリドとは、男性ホルモンの働きを阻害しながら5αリダクターゼにも作用する抗アンドロゲン薬の一種です。 もともとは前立腺肥大症などの治療に使われていましたが、フィナステリドを処方した患者に多毛症の副作用が認められたことから育毛成分としての研究が進み、現在では厚生労働省によってAGAへの効果が認められている成分となっています。 アボダートも前立腺の治療薬ですが、フィナステリドとの違いは5αリダクターゼへの働きにあります。
5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型があり、フィナステリドはⅡ型の5αリダクターゼにしか働きません。
一方、アボダートはⅠ型Ⅱ型の両方に作用するので、フィナステリドよりもAGAの改善効果が期待できるとされている成分になります。 ただし、AGAの治療効果があるということはまだ認められていないので、アボダートを配合した育毛剤はごくわずかです。 他にも、ノコギリヤシなど天然由来の成分でも5αリダクターゼへの効果が期待できるものもあるので、自分にあった育毛剤を探してみてください。