老人性脱毛症と育毛剤






老人性脱毛症の人と育毛剤について

老人性脱毛症とは

老人性脱毛症というと、何か特別な原因があるように思えるかもしれませんが、これは加齢による脱毛で、毛根組織の機能が老化してしまうことで起こります。
つまり、年齢を重ねていけば、症状の度合いに違いがあるものの誰にでも起こる脱毛症なので、原因として考えられるのは老化を促進するような生活習慣です。
運動不足や食事が不規則だと代謝が低下しますし、質の悪い睡眠をとっていたり、栄養が偏っていたりするとダメージの修復が適切に行われないので、細胞がどんどん劣化していきます。 他にも、喫煙や過度の飲酒などでも老化は促進されるので、老人性脱毛症を改善するには、健康的な生活を送ることが一番と言えます。 また、人によっては高齢だから当たり前、と捉えて何もしないという方もいるでしょう。 ですが、老人性脱毛症は髪の毛全体のボリュームが減ったり、薄毛ではなくハゲに進行してしまうこともあります。 それにいくら年を重ねていても、毛根組織を元気にしてあげれば進行をストップさせて、症状を改善することもできるのでまずは育毛剤でケアしていきましょう。

育毛剤は効果がないの?

育毛剤は老人性脱毛症には効果がない、という口コミもあったりしますが、老人性脱毛症は毛根組織が老化することで起こっています。 育毛剤というと、AGAなど男性ホルモンが関与する脱毛に効果があるというイメージですが、その種類の中には毛根組織に栄養を補給するというものもあります。 枯れた花でも水をやれば元気になるのと同じで、老化した毛根組織でも必要な栄養を与えれば機能は回復することができます。
それに、加齢で機能が衰えていても、体内では修復と再生の作業が毎日行われているので、そこにきちんと栄養を与え続けていけば毛根組織は復活します。
もちろん若い人とは違いますから、育毛剤を使ったからといってすぐに効果が実感できるということはありません。 しかし体の機能は毎日ケアしていけばそれに応えてくれるので、老人性脱毛症が始まったらすぐに育毛剤でケアを始めれば、いつまでたっても若々しく十分な量の髪の毛を維持することができるでしょう。