M字脱毛と育毛剤






M字脱毛と育毛剤の関係について

育毛剤がM字脱毛にもたらす働き

M字脱毛というのは、おでこの生え際が剃り込みを入れたように後退していく脱毛症で、AGA(男性型脱毛症)の典型的な症状になります。 AGAというのは、男性にもっとも起こりやすい脱毛症で、これを引き起こすのはテストステロンという男性ホルモンと5αリダクターゼという酵素です。 テストステロンは、筋肉をつけたり男性が持つ機能をスムーズに行わせる働きを持っていますが、5αリダクターゼと結びつくとジヒドロテストステロンという男性ホルモンに変化します。
ジヒドロテストステロンも生殖機能を活発にするなど、男性に必要な機能のために働くのですが、毛乳頭細胞にある受容体と結合するとヘアサイクルに影響を与えて、髪の成長期間を短くしてしまうのです。
髪には、成長期・退行期・休止期という毛周期があり、伸び続ける髪の毛は成長期で普通の状態であれば4年から6年は成長期間が続きます。 ですがジヒドロテストステロンによって成長期間が短くなると、成長期でも髪が抜けてしまうため脱毛症が引き起こされるのです。 また、通常なら抜け落ちても、退行期・休止期を経て成長期で髪が伸びていくのですが、男性ホルモンの影響によってヘアサイクルが乱れると正常に成長出来なくなり薄毛になってしまいます。 おでこの生え際には5αリダクターゼが多く存在しているので、AGAが引き起こされやすく、M字脱毛になってしまうのです。

育毛剤が5αリダクターゼを抑制する?

育毛剤というと、頭皮の皮脂分泌を抑制して清潔にしたり、血行を促進して栄養を頭皮全体に行き渡らせるという働きがあるイメージかもしれませんが、種類によっては5αリダクターゼの働きを抑制する成分が配合されています。
男性ホルモンは体に必要なものですから、無理に分泌を抑えるのはよくありませんし、そもそも男性ホルモンの分泌量をコントロールするのは難しいので、男性ホルモンからM字脱毛のアプローチすることはできません。 ですが、5αリダクターゼの働きを抑制することはできるので、M字脱毛の方は早めに育毛剤でケアを始めることで、AGAの進行を防ぐと同時に症状の改善効果が期待できるのです。