抜け毛の原因について






抜け毛の原因について

最近抜け毛がどうも多くなってきた、家系的に薄毛が多いので、抜け毛には敏感になってしまう。
こんな髪の毛の悩みを持つ人が多いですね。
しかし、抜け毛というのは誰にでもあるもので、1日に50本から100本程度の髪の毛は、抜け落ちるのが普通なのです。
髪の毛にはヘアサイクルがありますから、どんな毛でも時期が来れば抜け落ちていくのが自然なことなのですが、まだ抜ける時期ではない髪の毛が抜けるようになればこれは問題です。

極端に抜け毛が多い場合には、やはり注意が必要になるのですが、では抜け毛が極端に多くなる原因には、どのようなものが挙げられるのでしょうか。

・抜け毛が極端に多く発生する原因は・・

抜け毛の悩みと一口にいっても、その原因は実にさまざまで、人によっても性別によっても違いますし、またいろいろな原因がからみあっていることもあるでしょう。

男性の場合には、やはり男性ホルモンの影響が大きいでしょう。
男性の抜け毛や薄毛の症状であるAGAは、活性型男性ホルモンとも言われている、ジヒドロテストステロンの影響によって引き起こされています。

また、仕事や人間関係などのストレスも抜け毛に大きく影響しています。
大きなストレスは、自律神経のバランスを乱してしまいます。
自律神経のバランスが崩れることで、筋肉が収縮してしまい、血管が細くなり、頭皮にまでしっかりと酸素や栄養分が運ばれなくなってしまうのです。

同じく頭皮への酸素と栄養の供給を妨げるものに喫煙や飲酒があります。
薄毛の家系だったり、抜け毛が気になる方は、出来るだけ禁煙したり、アルコールは控えるようにしましょう。
他にも睡眠不足やバランスの悪い食生活も、抜け毛の原因となります。
髪の毛を作っているのはたんぱく質の一種であるケラチンで、さらにその合成をサポートするのがミネラルやビタミンです。
これらの栄養素が不足してしまうような外食や、コンビニ弁当などの食事が続けば、抜け毛も深刻になってしまうでしょう。
また髪の毛にかぎらず、皮膚などの成長を促す成長ホルモンは、質の良い睡眠を摂ることでより多く分泌されるようになります。
夜更かしを続けていたり、寝不足続きだと、髪の発育も妨げられて、抜け毛の要因となるのです。
さらに他にも刺激の強いシャンプーや紫外線なども、頭皮と髪の毛には悪影響です。
自分に当てはまるものがないかチェックしてみてくださいね。