出産による抜け毛。傾向と対策






出産による抜け毛。傾向と対策

出産後、3ヶ月目くらいから、大量の抜け毛が発生する女性は少なくありません。
産後間もない女性にいきなり訪れる大量の抜け毛という症状は、本人にとってとてもショックで不安になるものですが、これはホルモンバランスの乱れによるもので、良くあることなので、それほど心配することでもないのです。

ここでは女性に起こる出産後の抜け毛についてここでご紹介したいと思います。

・抜け毛と出産には関係がある!

抜け毛と出産には一見何の関係もないようですが、実はとても大きな関係があるのです。
妊娠から出産を経験する女性の身体の中では、さまざまな変化があります。
女性ホルモンには2種類あって、プロゲステロンと、エストロゲンがあります。
妊娠していない状態では、プロゲステロンとエストロゲンの2つの女性ホルモンが2週間ごとに交互に優位になります。
しかし妊娠した女性は、プロゲステロンだけが常に優位な状態となり、さらに出産が終わると今度はエストロゲンが急激に増加します。
身体のなかで起こる、このようなホルモンバランスの急激な変化に、身体はついていけない状態となり、さまざまな不調として現れるようになるのです。
出産後、大量に発生してしまう抜け毛も、体内のホルモンの変化についていけない、身体のトラブルの一つと考えられています。


他にも出産後の抜け毛の原因としてはストレスや産後ダイエットなども挙げられます。
出産後には、それまでの生活とはガラッと変わった生活になります。
赤ちゃん中心の生活で、ママも夜眠れない日が続き、それが大きなストレスとなって蓄積されてしまうのです。
この蓄積されたストレスは、発毛のための働きがあるエストロゲン分泌を減少させることになるので、抜け毛につながってしまうのです。
また出産によって大幅に増加した体重を少しでも早くもとに戻そうとして無理なダイエットをすることも、産後の抜け毛の原因となります。
急激なダイエットは、エストロゲン分泌を減少させますので、抜け毛の原因となるのです。

出産後の女性はこのように抜け毛が起こりやすい状態なのです。
無理なダイエットはしないで、ストレスを溜めないように、赤ちゃんとの生活に慣れていくことが大切ですね。