抜け毛と喫煙の関係性






抜け毛と喫煙の関係性

最近では健康のために、節約のためにと頑張って禁煙している人も増えていますが、まだまだタバコを吸っている人が多くいますね。
喫煙は身体への害が心配されていますが、抜け毛や薄毛にも関係があるので、髪の毛のことが気になっている方は注意が必要です。

ここでは喫煙と抜け毛には、いったいどのような関係があるのかをご紹介したいと思います。

・喫煙が抜け毛、薄毛に関係する!?

喫煙は身体に良くないと言われていますね。
タバコの中には、実にさまざまな有害物質が含まれていて、これを吸うと体内に一酸化炭素やニコチン、タールなどが入り込むことになるのです。
体内に入った一酸化炭素は、血液中のヘモグロビンと結びつきます。
身体の隅々にまで酸素を運ぶ働きがあるのがヘモグロビンです。
血液中の酸素のほとんどは、このヘモグロビンと結びついて全身に運ばれていくのですが、タバコを吸うことによってヘモグロビンに一酸化炭素が入り込むと、酸素よりもより強く一酸化炭素が結びつくので、酸素が全身に行き渡らなくなるのです。
酸素が全身に行き届かないと健康も害しますし、頭皮にも悪影響が出ていき、抜け毛となって現れるようになるのです。

またタバコに含まれるニコチンやタールには、末梢血管を収縮させる作用があります。
末梢血管が収縮すると、もちろん血液循環が悪くなります。
身体はもちろん、毛根の血管の流れも悪くなるので、発毛のために必要な栄養分が届けられなくなり、これも抜け毛の原因となってしまうのです。


さらにニコチンには、中毒性があるので、タバコがないとイライラを起こしやすくなります。
ストレスは抜け毛の大きな原因ですが、ニコチン欠乏によるイライラが抜け毛を招くことになるのです。
このようにタバコには、髪の毛と身体に悪影響のある物質ばかりが含まれているのです。
中毒性があることから、なかなか止められない人も多いようですが、髪の健康のため、身体の健康のために、少しづつでも量を減らしていきましょう。