抜け毛と遺伝子の関係






抜け毛と遺伝子の関係

男性の方はある年齢になると髪の毛のことが心配で仕方なくなる、という人が多いようです。
それは抜け毛や薄毛は遺伝すると言われているからです。
自分の父親の頭が薄くなっていると、自分も将来は可能性が高いだろうと、余計な心配を抱えるようになるのです。
男性特有の薄毛症状である男性型脱毛症、AGAは、男性ホルモンが関係していますので、体質的に親からの遺伝も考えられます。

ではここで、抜け毛と遺伝の関係について詳しくご紹介したいと思います。

・抜け毛、薄毛は遺伝するのか!?

抜け毛や薄毛になりやすい体質というのは、親から遺伝することが分かっています。
しかしこの抜け毛、薄毛になりやすい体質というのは、実は父親からよりも母方から遺伝することが可能性として大きいのです。

ですから父親の薄毛を気にするよりも、母方の祖父の髪の状態を気にした方が良いでしょう。
つまり母方のおじいちゃんが薄毛であれば、自分も薄毛になる可能性が高いと言えるのです。

しかしここで勘違いしないでほしいのは、薄毛そのものが遺伝するのではなくて、遺伝するのは薄毛になりやすい体質の方です。
もちろん遺伝子というのは、抜け毛、薄毛にある程度は関係しているので、注意する必要があるのですが、体質的に薄毛になりやすい、ということですから、食事だったりストレスや睡眠など、他の抜け毛対策をしっかりとしていれば、抜け毛や薄毛は十分に防ぐことが出来るのです。
母方のおじいちゃんの髪の毛が薄いからと言って、諦めてしまうのは早いのです。

これは逆に言えば、抜け毛になりやすい遺伝子を受け継いでいない人であっても、毎日の生活習慣などによって、十分に抜け毛、薄毛になる可能性はあるのです。
抜け毛、薄毛になりやすい体質、遺伝子は、母方から80%受け継ぐと言われています。
しかし薄毛になるとは限りませんから、早めにAGA専門のクリニックで相談をしたり、毎日の食事や睡眠、ヘアケアの仕方に気をつけることで、十分に予防出来ます。