抜け毛を抑えるヘアケア






抜け毛を抑えるヘアケア

抜け毛を抑えるためには、ヘアケアをした方が良いのでしょうか。
それが正しいヘアケアであればした方が良いですし、間違ったヘアケアであれば抜け毛の原因にもなってしまうのですぐにやめた方が良いでしょう。
では、抜け毛を抑えるための正しいヘアケアとはどんなものなのか、そして間違ったヘアケアとはどんなものなのか、ここで詳しくご紹介したいと思います。

・抜け毛予防におススメのヘアケア

抜け毛を予防するためには、髪の毛が生えている頭皮を健康な状態に保つことが大切です。
頭皮とお肌はつながっていますので、お肌と同じようなケアをすることが、抜け毛予防にもなります。
つまり正しいヘアケアとは、お肌と同じケアをすることです。
お肌のために悪いことは、つまり頭皮にとっても悪いことなのです。
紫外線や乾燥、酸化した皮脂や摩擦による刺激などはお肌に悪いことですが、これは頭皮にとっても悪いことです。
紫外線対策や保湿ケア、洗顔は、皆さんお肌のために毎日気をつけているのではないでしょうか。
これは頭皮にも同じことが言えます。
頭皮の紫外線対策、保湿ケア、洗髪は、抜け毛予防のためのヘアケアとして大切なものです。

帽子や日傘を利用することで紫外線から頭皮と髪の毛を守ることが出来ますね。
また洗浄力の高いシャンプーは頭皮の皮脂を取り過ぎるので、アミノ酸系の頭皮の潤いを守ってくれるシャンプーやヘアケア商品の選び方も大切です。
洗髪の際には指の腹を使って頭皮マッサージをすることで、頭皮の血行促進になるので、抜け毛予防になります。
シャンプー液をしっかりとすすいだり、洗髪の後には、しっかりとドライヤーで髪の毛を乾かすことも、抜け毛予防のために押えておきたいポイントになります。

ドライヤーの熱ダメージは頭皮に良くないことは事実なのですが、だからといって洗髪後、ドライヤーで髪を乾かさないで自然乾燥させるのはもっと良くないことです。
濡れたままだったり生乾きの頭皮は、外部からのダメージも受けやすくなりますし、ニオイや雑菌繁殖の原因にもなるので、しっかりと乾かすことも大切なのです。
熱ダメージを予防するためには、低温のドライヤーでじっくりと乾かすことです。
60度以上のドライヤーの熱は、頭皮と髪に大きなダメージとなります。