抜け毛とアルコールの関係性






抜け毛とアルコールの関係性

アルコールには抜け毛と関係があるのでしょうか。
適度に飲むお酒は、気分をリラックスさせてくれるので、日々仕事などで溜まったストレスを発散させるためにもとても良いものです。
しかし大量のアルコールを摂取することは、健康に良くないのはもちろん、抜け毛や薄毛の原因にもなるので要注意です。

抜け毛とアルコールの関係についてここでご紹介したいと思います。

・抜け毛とアルコールには関係があるの!?

アルコールは適量を守れって飲めば、健康にも役立つ優れた飲み物であると言えるでしょう。
適量のお酒は、身体の血行を良くしてくれるので、健康効果も期待でき、さらに気分も楽しくなるので、ストレス発散に役立ってくれるでしょう。
食事もより美味しく頂けるので、適量のアルコールを飲むことは何も問題はないのです。

しかし、度を過ぎた量のアルコールは、健康を害してしまい、さらに抜け毛の原因となる可能性もあるので要注意です。
大量にアルコールを飲むと、肝臓ではアルコールの分解が最優先されることになります。
つまりアルコールの飲み過ぎが続くと、肝臓の解毒作用以外の機能が弱まることになるのです。

肝臓の大切な働きの一つである、血液循環の調節機能も後回しにされてしまいます。
血液の流れが阻害されることになるので、身体全体に栄養分が十分に届けられなくなるのです。
適度のアルコールは血行を良くしてくれるのですが、飲み過ぎると今度は血行を悪くしてしまうのですね。

さらに蓄えられたアミノ酸から身体の必要な部位に届けられる、たんぱく質合成の働きも阻害されることになります。
アルコールの飲み過ぎで、血液の流れと、たんぱく質合成が阻害されてしまうということが、抜け毛につながると考えられているようです。
しかしアルコールは抜け毛の原因になる以前に、身体への害がとても大きなものですから、どんなにアルコールが好きな人でも毎日適量を守って飲むことが大切です。
ちなみに1日の適度な飲酒量は、ビールは中瓶で1本、日本酒なら1合、ワインなら200mlとされています。
適量を守ることが、身体にも髪の毛にも良いことです。