遺伝、男性ホルモン型薄毛の育毛剤使用






男性ホルモン・遺伝の人の薄毛と育毛剤の使用について

遺伝と薄毛の関係とは?

薄毛というのは、ほとんどの場合後天的なものが多く、世間一般で言われる「親や親族がハゲていると自分もハゲる」ということはあまりありません。 もちろん、遺伝がまったく関係ないとも言い切れず、10代からあまり髪が多くなく、20代ぐらいで薄いと感じるようになった場合は遺伝の可能性もあります。
遺伝だった場合だと、脱毛ホルモンと呼ばれるジヒドロテストステロンの受容体が多いので、日頃からケアしていても抜け毛は多くなってしまいますし、薄毛になる人も少なくありません。
肥満でも同じですが、遺伝で薄毛になった場合はそういう体質と諦めてしまう方も多いでしょう。 確かに遺伝によって薄毛になった場合は、自分でどんなにケアをしてもなかなか改善できませんが、それでも脱毛の原因というのがあります。 いくら薄くなりやすい体質だとしても、毛根組織は存在しているのですし、生まれた時から薄毛じゃない限りはヘアサイクルが行われているのですから、諦める必要はないのです。

育毛剤も気休めではなく、十分対応できる!

育毛剤なんて気休め、遺伝の場合だと効果がないと思っている方も多いようですが、遺伝であっても脱毛の原因は主にジヒドロテストステロンという男性ホルモンです。
つまり、テストステロンをジヒドロテストステロンに変性させる5αリダクターゼの働きを抑制すれば、いくら遺伝だとしても脱毛を予防出来たり薄毛を改善できるのです。
育毛剤を使い始めるタイミングは、早ければ早いほど効果的なので、遺伝的要素がある方は少しでも抜け毛が増えたり、生え際が後退したなと感じたらすぐに使い始めるといいでしょう。 それに、育毛剤には毛根組織に栄養を与えるタイプのものもあります。 こういった育毛剤は、脱毛が起こっていなくても髪や頭皮を健康にしてくれるので、遺伝による脱毛が心配な方は症状が出る前から使ってみるのもオススメです。 いずれにしても、遺伝だから絶対に薄毛になるとは限りませんし、毛根組織がある限りケアをすれば改善出来る可能性もあるので、諦めないで抜け毛や頭皮の状態に合わせた育毛剤でケアをしていきましょう。