抜け毛と睡眠の関係






抜け毛と睡眠の関係

抜け毛や薄毛になってしまう原因には、食事や男性ホルモン、ストレスやタバコなど、いろいろなものが考えられるのですが、睡眠も抜け毛と大きな関係があるのをご存知でしょうか。

睡眠は私たちが毎日元気に生活するためには、とても大切なものですね。
睡眠が十分に取れていないと身体の疲れも取れませんし、お肌にも良くないですね。
また髪の毛にも大きな影響を与えてしまうのが睡眠です。
ではいったいどうして睡眠が足りていないと抜け毛を悪化させてしまうのか、抜け毛と睡眠の関係をここでご紹介しましょう。

・睡眠不足は抜け毛を悪化させる!

育毛シャンプーや育毛剤などのヘアケア商品を使用しても、また髪に良いと言われる栄養分を食事からたくさん摂っても、睡眠不足だとそれらの効果が十分に発揮されません。
睡眠時間には成長ホルモンたくさんが分泌されているのですが、これが睡眠不足によってあまり分泌されなくなると、せっかくの育毛ケア商品からの栄養分や、食事からの栄養分による髪への効果が発揮されなくなるからです。

1日のなかで育毛が期待できるのは、寝ている時間です。
睡眠中に分泌される成長ホルモンには、頭皮の細胞を修復する働きのある成長ホルモンが分泌されているからです。
頭皮の細胞を修復、さらに新しい細胞を作り出す働きがある成長ホルモンが十分に分泌されることによって、育毛ケア商品や食事からの栄養分も十分に効果を果たすことが出来るのですね。

私たちは睡眠不足になると、疲れやすくなったり昼間だるくなったりと、身体の不調としてサインが出てきますね。
しかし髪に関しては、このような感覚として現れるサインがないので、気がつけば抜け毛や薄毛として症状が現れてしまうのです。

髪の発育、抜け毛予防の働きがある成長ホルモンは、睡眠中にたくさん分泌されます。
この成長ホルモンが分泌される時間帯は夜の10時から夜中の2時で、この時間帯がお肌のゴールデンタイムとも言われているのはこのためなのです。
髪や肌のためには、夜の10時までには、せめて12時くらいまでには寝ているようにしたいですね。