ストレスに対して育毛剤で育毛を促す






ストレスがたまり育毛剤を使って育毛を促す

ストレスと育毛剤の関係

抜け毛や薄毛に悩む人は年々増えていますし、年齢層もどんどん若年化していますが、その大きな原因となっているのがストレスです。
ストレスは免疫機能を低下させる万病の元とも言われるぐらい、体のあらゆる部分に悪影響を与えますが、髪の毛も例外ではありません。 ストレスによって抜け毛が増えるのは、血行不良、頭皮の硬化、皮脂の過剰分泌、睡眠障害が理由となっています。
ストレスが蓄積すると、リラックスした状態になる副交感神経の働きが鈍り、逆に常に興奮状態を引き起こす交感神経が活発になります。 すると血管の収縮が激しくなってしまうために、血液の流れが乱れて血行不良が起こります。 さらに自律神経は血流をコントロールしているので、交感神経と副交感神経のバランスが乱れると血流が悪くなり、毛根組織への栄養が不足してしまいます。 毛根組織が栄養不足になると、健康な髪の成長が阻害され、抜けやすい毛が増えて薄毛を引き起こします。 また、ストレスが溜まると体が緊張してしまうので、頭皮も硬化して血液の流れが悪くなるため、これも抜け毛の原因となります。

ストレスが男性ホルモンの分泌を増やしてしまう

そして、ストレスによる自律神経への影響は、男性ホルモンの分泌量を増やしてしまいます。 男性ホルモンが増えると皮脂の分泌も過剰になり、毛穴に詰まって髪の成長を阻害してしまい、その結果抜け毛を増やしてしまうのです。 睡眠障害はストレスによる症状の中でももっとも髪の毛によくありません。 髪は寝ている間に成長するのですが、きちんと眠れていないと正常に成長しなくなるので、抜け毛が引き起こされて薄毛になってしまいます。
このようにストレスがたまった状態では、抜け毛が進行する要因だらけになってしまうので、育毛剤で育毛を促しましょう。 育毛剤には血行を促進する成分や、毛根組織を活性化する成分、皮脂の分泌を抑制する成分など、薄毛の原因にアプローチする成分が使われています。
また、育毛剤で頭皮マッサージをすると、リラックスをすることができるので、副交感神経を優位にして快適な睡眠を得ることができます。 ですので人間関係や仕事でストレスが溜まっている方は、すぐに育毛剤でケアを始めて育毛を促進してください。