日光や紫外線と抜け毛、薄毛の関係性






日光や紫外線と抜け毛、薄毛の関係性

一年中降り注いでいる目には見えない紫外線は、お肌の大敵であることは皆さんよくご存知かと思うのですが、実は髪の毛とも深い関わりがあるのです。
お肌にはしっかりと紫外線対策をしても、日光に一番近い頭頂部は無防備な人が以外と多いのではないでしょうか。
これから日光と紫外線が強くなる季節です。
抜け毛や薄毛が気になるという人は、実はその原因が、日光や紫外線による影響を受けているからかも知れません。

日光・紫外線と、抜け毛の関係をここでご紹介しますので、参考にしてくださいね。

・日光や紫外線は抜け毛の原因になる?

日光や紫外線を浴びることは、お肌にも、そして髪にも悪影響です。
そしてあまりにも紫外線を浴び続けると、抜け毛や薄毛の原因にもなるので要注意です。
ではどうして日光や紫外線が抜け毛や薄毛の原因となってしまうのでしょうか。

まず頭皮が紫外線をたくさん浴びると日焼けしてしまいます。
日焼けした頭皮は、お肌と同様に乾燥してしまい、次第に頭皮が硬くなります。
カチカチの頭皮というのは、栄養分が行き届きにくい状態ですから、それが抜け毛や薄毛につながってしまうのです。
また紫外線を浴びることで頭皮が炎症してしまう恐れもあるでしょう。
頭皮には適度な皮脂が保たれているのですが、この皮脂が紫外線によって酸化して、炎症を起こす可能性もあります。
頭皮の炎症が抜け毛や薄毛につながるのです。

さらに他にも紫外線によるダメージはあります。
紫外線を浴びることで頭皮が老化したり、毛母細胞に大きなダメージが加わる事になります。
紫外線による肌老化を、光老化というのですが、これは頭皮にも起こります。
お肌にも紫外線による光老化で、シミ、シワが増えていくのですが、これが頭皮にも起こってしまうのです。
このように日光や紫外線から、頭皮はさまざまなダメージを受けて、それが抜け毛の原因となっていくのです。
日光や紫外線が強い日は特に、帽子や日傘で頭頂部を守ってあげるようにしましょう。