安い育毛剤に含まれる悪い成分






安い育毛剤にはどんな悪い成分が含まれている?

育毛剤に悪い成分?

育毛剤の値段は、高価なものから気軽に買えるリーズナブルなものまで幅広いですが、これは配合されている成分に違いがあるからです。 最近は安くても質の良いものもありますが、育毛剤に関しては「安かろう悪かろう」が実情です。 安い育毛剤というのは、残念ながら髪を積極的に育てるという成分は含まれておらず、ほとんどが育毛剤人気にあやかって利益を得るために作られています。 そのため、使い心地をよくしたり、保管しやすいような成分がメインとなっています。

安い育毛剤に入っている悪い成分一例

安い育毛剤には、合成界面活性剤やシリコン、メンソール、パラベンなどの添加物が入っています。 一見よく見かける添加物ですが、こういった成分は逆に育毛の邪魔をしてしまうのです。 合成界面活性剤は、油分と水分を混ぜ合わせるために使われるものですが、とても刺激が強いという性質を持っています。 そのため頭皮に刺激を与えてダメージを促進し、環境を悪化させるというリスクがあります。
シリコンは髪をコーティングして手触りを良くする成分なので、一時的には髪がさらさらになって使い心地が良いのですが、これが頭皮につくと毛穴を塞いでしまいます。
メンソールはべたついた頭皮をすっきりさせてくれますし、毛穴を引き締めたり抗菌作用があるので育毛効果がありそうに思えるかもしれません。 ですが、人工的に作られたメンソールだと、タンパク質を変性したり、細胞内部に入ると揮発して蒸散してしまいます。 ですのでメンソールを頭皮につけると肌荒れが起きたり、細胞内の水分を取り込んで蒸散するため極度の乾燥状態にしてしまうのです。 防腐剤は製品の状態を保つためには必要不可欠なのですが、パラベンは非常に刺激の強い防腐剤なので、頭皮に大きなダメージを与えます。
また、アレルギーを引き起こす可能性もあるので、乾燥したり免疫機能が低下している頭皮だと、かぶれやかゆみ、湿疹などが引き起こされる可能性もあります。
このように、安い育毛剤にはいろいろな悪い成分が入っているため、育毛効果がないどころか抜け毛を促進してしまうかもしれないので、安いからと言って使うのはやめておきましょう。