育毛剤が頭皮に合わない場合






育毛剤が頭皮に合わない時はどう対処したらよいか?

頭皮に合わない育毛剤

頭皮は髪が生えていて毛穴も大きいので、顔や手足などの肌とは違うように感じてしまいますが、当然他の部位と同じ皮膚です。 顔の皮膚が人によって乾燥肌や敏感肌、オイリー肌とタイプがあるように、頭皮も人それぞれに状態が異なります。 育毛剤にはいろいろな種類があり、配合されている成分や使われている添加物も商品によって違うので、育毛剤が頭皮に合わないということもあるでしょう。
育毛剤が合わなくて、頭皮に何らかのトラブルが起きたら、まずは使用を中止してください。 育毛効果が高く評判が良い育毛剤だとしても、自分の頭皮に合っていなかったら、かえって頭皮を傷めてしまい症状が悪化してしまいます。
育毛剤は使い続けなければ効果がないと言われているので、我慢して使い続けてしまう方もいるようですが、そのまま使っていても育毛効果は得られません。 ですので、症状が悪化しないようにすぐに使うのをやめましょう。

合わないのは化学添加物のせい?

また、抜け毛や薄毛が起きているということは、乾燥していて刺激を受けやすい状態になっているため、育毛剤というよりこれに含まれる化学添加物が合わないこともあります。 基本的に化学添加物は刺激が強いものが多いため、弱っている頭皮に使うとトラブルが起きやすいのです。
さらに、アレルギー症状を引き起こす添加物も配合されていることがあるので、使用を中止すると同時に配合成分をチェックしてみてください。
アルコールやエタノールが入っていると、頭皮の乾燥を引き起こしたり、かゆみや発疹が出ることがあります。 パラベンという防腐剤が入っているのであれば、アレルギーによって頭皮トラブルが起こっているのかもしれません。 添加物が入っている育毛剤が頭皮に合わなかった場合は、頭皮の状態が落ち着いて整ったら、無添加の育毛剤を試してみましょう。 無添加のものであれば頭皮に無用な刺激を与えることはありませんし、アレルギーが引き起こされることもないので、どんなタイプの頭皮でもトラブルが起こるリスクを軽減できます。