育毛剤の副作用と性欲減退・不能






育毛剤の副作用と性的不能・減退の関係性について

よく効く成分には副作用がある

効果が認められている有用成分が配合されている育毛剤は、副作用というのもあります。 副作用は風邪薬でもあるものなので、薬効がある成分を使用している場合は副作用があるのは当たり前です。
育毛剤の副作用というのは、主にミノキシジルやフィナステリドという育毛成分によって引き起こされますが、その症状として挙げられるのが性的不能や減退です。

男性ホルモンという点で育毛と性は通じている

育毛と性は、一見なんの繋がりもないように思えますが、実は男性ホルモンという点での繋がりがあります。 AGA(男性型脱毛症)や壮年性脱毛症の原因の一つに、ジヒドロテストステロンという脱毛ホルモンが挙げられます。 ジヒドロテストステロンは、男性ホルモンであるテストステロンが5αリダクターゼと結びつくことで生成されるホルモンですが、このホルモンが毛乳頭細胞にある受容体と結合すると髪の成長サイクルが狂ってしまいます。 成長サイクルが狂うと、成長期にある髪の毛が途中で成長できなくなり抜けてしまったり、これから成長する休止期の髪の毛がきちんと生成されないまま細く弱い状態で伸びてしまいます。 そのため抜け毛が増えたり、薄毛になってしまいます。 さらに、ジヒドロテストステロンは皮脂の分泌を過剰にしてしまうという働きを持っています。 皮脂の分泌量が増えると、毛穴に詰まって髪の成長を妨げたり、頭皮環境を悪化させて抜け毛や薄毛を促進してしまうのです。 ミノキシジルやフィナステリドは、この男性ホルモンの働きを抑制したり、5αリダクターゼを阻害する効果があるので脱毛を防ぐことができます。

育毛剤の性欲に対する副作用

ただし、男性ホルモンの対して作用するため、性欲に使われる男性ホルモンにも影響を与えてしまうことがあります。 そのせいで、性的不能や減退などの副作用が起こるリスクがあると言われているのですね。
ですがこういった副作用は絶対に起こるものではありませんし、医薬部外品の育毛剤は用法用量をきちんと守っていれば、副作用のリスクを軽減することができます。
もちろん間違った使い方や使用量を守らなければ副作用のリスクは高まりますが、説明書をちゃんと読んで使い方を間違えなければ心配する必要はありません。