界面活性剤の頭髪・頭皮への影響






界面活性剤って髪の毛や頭皮に良い?

界面活性剤の頭髪や頭皮への影響

界面活性剤というのは、普通なら混ざり合うことのない水と油を混ぜ合わせる作用を持つ成分です。 この性質を活かした商品はたくさんあり、食器用洗剤やシャンプーでは洗浄成分として、リンスやトリートメント、ローションや乳液などでは乳化させる成分として使われています。
界面活性剤に対しては、肌に悪い、発がん性があるというネガティブなイメージを持っている方も多いかもしれませんが、これがなければ水と油を混ぜ合わせることが出来ないので必要不可欠な成分です。
それにすべての界面活性剤が悪いということではないのです。

毒性の有無?

また、界面活性剤は生成する原料によって毒性があるものとないものに分かれます。 髪の毛や頭皮に良くないと言われたり、発がん性があると言われているのは、石油を原料とした石油系合成界面活性剤です。 石油系合成界面活性剤は、液体洗剤や食器用洗剤、そして安い価格でドラッグストアなどで売られているシャンプーの洗浄成分として使われています。 石油系合成界面活性剤は洗浄力に優れていて、泡立ちも良いのですが、食器についた油も洗剤を使うと綺麗に落ちることから分かるように、油分まで根こそぎ落とすという強力な洗浄効果を持っています。 もちろんシャンプーと食器用洗剤では、石油系合成界面活性剤の濃度も違いますし、他の成分配合も違うので、ここまで強い洗浄力ではありません。 そうは言っても、もともとの洗浄成分は同じなので、石油系合成界面活性剤を使用しているヘアケア製品を使うのは、髪や頭皮に強い刺激を与えてダメージを蓄積させてしまうのです。
育毛のためには頭皮環境を整えて、毛根組織が受けたダメージを回復させてあげる必要がありますが、石油系合成界面活性剤を使ってしまったら、どんなに良い育毛剤でケアをしても育毛効果を得ることは出来ません。
育毛剤を使っても効果がない、という場合は、使用しているヘアケア製品に石油系合成界面活性剤が入っているのかもしれません。 つまり効果がないのは育毛剤のせいではなく、石油系合成界面活性剤の可能性もあるので、使っている商品の成分をチェックしてみましょう。