お酒と頭皮・髪の毛の関係性






お酒と頭皮・髪の毛の関係性

お酒はよく百薬の長などともいわれますが、髪の毛の健康にとってはどうでしょうか。
よくお酒は薄毛や抜け毛を促進するともいわれますが、実際のところはどうなのでしょうか。
これは、薄毛に悩んでいる方、でもお酒が大好きという方にとっては気になる問題でしょう。

ここではお酒と髪の毛の関係について、またふさわしい飲み方についてご紹介します。

・お酒と毛髪の関係について


結論からいえば、お酒が髪の毛に与える影響は、飲む量によって変わるということです。
お酒は適量であれば、それが血行促進につながり、むしろ髪の毛にいい影響を与えることができますが、飲み過ぎるとハゲの原因を作ってしまいます。

よって、お酒自体が全て悪いのではなく、飲む量によって影響が異なるということを覚えておきましょう。
ではなぜ飲み過ぎがハゲの原因を作ってしまうのか、ここを考えてみましょう。
その理由は、アルコールを過剰に摂取することによって、体内において脱毛の原因となるデヒドロテストステロンというホルモンを増やしてしまうからです。
この脱毛促進ホルモンが体内で増加してしまうと、抜け毛や薄毛になる可能性が高くなります。
したがってやはり、お酒の飲み過ぎには注意しなければなりません。
ただし、お酒がもともと大好きな人は我慢し過ぎることによってストレスが溜まり、それがハゲの原因になることもあるので、そちらにも注意が必要です。

お酒を通じて髪の毛にいい影響を与えるためには、飲む量を適量にしなければなりませんが、お酒の適量は人によって違います。
一般的な目安は決して当てにならないので、自分の胃の負担を考慮しながら、自分にとっての適量を判断しなければなりません。
お酒を飲んで翌日胃の負担を感じるようであれば、それは飲み過ぎということになります。
逆に飲んでも胃に負担がなければ、飲み過ぎではないことになりますが、体長は日によって変わりますので、そのひの体調に合わせて飲む量を調整する必要もあります。