アミノ酸は毛根や髪の毛に必要!






アミノ酸は毛根や髪の毛に必要!

薄く弱くなった髪を復活させるためには、髪の原料となる栄養素を外から取り入れなければなりません。

髪の原料はケラチンですが、このケラチンを合成するための栄養素が必要になります。
その栄養素とは、私達が普段からいろんな食品を通じて摂取しているタンパク質(アミノ酸)です。
毛髪の主成分であるケラチンは、このタンパク質(アミノ酸)を材料にして合成されていますので、強い髪を作り育てるにはどうしてもタンパク質が欠かせません。
しかし、タンパク質ならなんでもいいわけじゃないこと、またタンパク質だけで強い髪が育つわけでもないことを知っておく必要があります。

・タンパク質の種類と摂取方法について

実はタンパク質には2種類あって、それぞれに特性が異なることを知っておかなければなりません。

一つは、肉類、魚類などから摂れる動物性タンパク質です。
こちらは脂質が多いのが特徴ですが、タンパク質以外にミネラルなども豊富に摂ることができます。
もう一つは、大豆、納豆から摂れる植物性タンパク質です。
これは動物性に比べてヘルシーで、脂質が少ないのが特徴です。
どちらも一長一短ありますが、動物性タンパク質については、決して取り過ぎないように注意してください。
動物性タンパク質は脂質が多く、摂り過ぎると皮脂の過剰分泌を起こしたり、脂肪が蓄積して代謝低下を招く恐れがあります。
皮脂の過剰分泌も、代謝低下も、どちらも髪によいことではありません。

さて、髪を作るために必要な栄養素はアミノ酸だけではありません。
他にも、ビタミン、ミネラル、亜鉛などが必要です。
亜鉛は、卵、豆類などから摂取可能ですが、髪の主成分となるケラチンの合成を行います。
ビタミンは緑黄色野菜など多くの食品から摂取かのうですが、こちらはその亜鉛の吸収を良くする働きをします。
このいずれが不足しても強い髪を作ることはできませんので、アミノ酸を取りながら、亜鉛、ビタミンについてもバランスよく摂るようにしましょう。
食事の仕方で注意すべきなのは、摂り過ぎないこと、また夜遅くに食べないこと、そして外食を控えることなどです。