寝る前の食事と髪の毛の関係






寝る前の食事と髪の毛の関係

髪を育てるために、必要な栄養素を食事から摂るのはとてもいいことです。
しかし、食事はいつでも好きな時に好きなだけ摂ればいいというわけでもありません。
健康的な髪を育てるためには、食事の仕方も注意しなければなりません。
もし食事の仕方を間違えると、健全な栄養補給はおろか、逆に抜け毛を増やす結果になってしまうこともあります。
したがって、何を食べるかだけでなく、どんな風に食事を摂ればいいかという点にも注意を向けるようにしましょう。

・食べる量と食べる時間に注意

髪を育てるための食事でまず注意したいのは、食べる量です。
どんなものでも過ぎたるは及ばざるがごとしというように、食べ過ぎると体に良くありません。
食べ過ぎは肥満の原因となり、肥満は代謝を低下させ、ゆくゆくは頭皮の毛細血管の循環を悪くして抜け毛を増やしてしまいます。
それが悪循環に陥ると、ますます栄養素が頭皮に行かなくなり、ついには薄毛が進行してしまうことになります。
ゆえに、どんな食事も決して食べ過ぎることがないように、腹八分で抑えるように注意してください。

さて一方、食べる量だけでなく、食べる時間帯にも注意が必要です。
食事は食べる時間帯によっても、体に与える影響がまるで違ってきます。
例えば、夜寝る前の食事は脂肪がつきやすくなるといわれ、健康な髪の成長を願う人にとっては禁物です。
生活のパターンとして夜食を摂ることが多い人は、これを改めるようにしたほうがいいでしょう。
また夜寝る前の食事というのは、深い睡眠の邪魔にもなるので、この点でも注意が必要です。
深い睡眠が邪魔されると、不眠症に陥るなどストレスが蓄積されて、薄毛の原因を作ってしまうこともあります。
このように、夜遅くの食事は絶対に避けるようにしなければなりません。
こうした不規則な食事を行い続けると、血流はどんどん悪くなり、代謝力も落ちて、ますます頭皮に良くない環境が形成されてしまいます。
したがって、食事はいつも早い時間に済ませるようにしましょう。