毛細血管を壊さない食べ物とは






毛細血管を壊さない食べ物とは

血行が悪くなると抜け毛が増えるというのはよく分かる話です。

これは実際にその通りで、血行が悪くなると髪の毛を成長させるための栄養が行き届かなくなりますので、その欠乏症から抜け毛が増えてしまうのです。
ただし、薄毛対策において血行を考えるときは、さらに一歩進んだ見方を持つ必要があります。
それは何かというと、毛細血管を促進するということです。
これができないと、本当の効果的な薄毛対策はできないと思っていいでしょう。
ここでは、その理由について分かりやすくご紹介したいと思います。

・毛細血管と髪の毛の関係性について

毛細血管を促進できなければなぜ真の薄毛対策ができないのか、その理由ですが、結論からいえば、頭皮という場所が毛細血管の集合体のようなところだからです。
髪の毛が作られるところは毛母細胞であり、まずここに十分な酸素と栄養が供給されることが必要ですが、その毛母細胞に十分な酸素と栄養を行き渡らせるためには毛細血管が柔軟でなければなりません。
頭皮は毛細血管の集まりなので、ここが緊張していたり詰まっていたりすると、血流が滞って毛母細胞に必要な栄養が行かなくなるのです。
したがって薄毛対策においては、全身の血行を良くするだけでなく、頭皮の毛細血管を柔軟にすることを考えなければなりません。
これが真の薄毛対策の有効な方法となりますので、よく覚えておいてください。

もし毛細血管が詰まっていて、それが原因で抜け毛が増えているなら、それを改善しなければなりません。
毛細血管を改善する方法はいくつかありますので、始めやすいものから実践していきましょう。

例えば、イチョウ葉は脳の血行改善に有効といわれ、毛細血管を拡張させたり柔軟にすることができます。
また唐辛子に含まれるカプサイシンには末梢神経を刺激する作用があるため、毛細血管の拡張にも有効です。
他にも、肩こりなど気に区の緊張を緩和させること、疲労物質を排出させるためのリンパマッサージなどにも効果が期待できます。