サラサラな血液は育毛のためになります






サラサラな血液は育毛のためになります

タンパク質やミネラルなど、髪の毛を作るために必要な成分を摂取して、育毛効果を得ようとするのはとてもいいことです。
毛髪の主成分となっているのはケラチンという物質ですが、このケラチンはタンパク質から作られており、それを補助するのはミネラルやビタミンだからです。
髪の毛を作るにはその材料が必要ですから、その材料となるタンパク質やミネラルを補給するのは理にかなったことといえるでしょう。

しかし、それだけで弱った髪の毛を復活させることはできません。
他に、体の血流を良くするための栄養をとることも重要なのです。

・血流を良くすると髪が復活する理由とは

髪を作るためになぜ血流を良くすることが大事なのか、これについて考えてみましょう。
それは、髪を作るための材料をいくら摂っても、それがスムーズに体の中で運ばれて必要な部分に供給されなければ、毛髪成分を合成することができないからです。
必要な部分とは、毛母細胞であり毛乳頭のことですが、ここに髪を作るための材料が供給されなければなりません。
これは家や工場を建てる場合と同じで、材料はあっても、その材料が必要な現場まで運ばれないことには、工場も家も建ちません。
髪を作る場合もそれと同じで、材料はあっても、その材料が毛母細胞や毛乳頭にスムーズに届かなければ髪は作られません。
そして、その材料を運ぶのは血流であり、その流れがスムーズであることが求められます。
もし血流が悪くて濁っていると、タンパク質もミネラルもスムーズに運ばれていきません。
だから、地のめぐりがとても大切であることが分かりますし、それを正常化しておくことが育毛において重要であることも分かります。

血流を良くするためには、二つの方法があり、血流を良くする食品を摂ることと、体にストレスを与えないことです。
血流を良くする食品には、サンマ、ブリ、にんにく、ねぎ、玉ねぎ、緑黄色野菜、海藻類、チョコレとなど、いろいろなものがあります。

ストレスを減らすには、過労や睡眠不足を解消すること、喫煙をやめること、過度な飲酒をしないこと、暴飲暴食に気を付けることなどです。