コラーゲンと髪の毛の関係






コラーゲンと髪の毛の関係

栄養が偏っていたり不足していると、それによって毛髪のコシや太さが乏しくなるということもあります。
こうした状況を打開するためには、毛髪活性化に効果のある栄養素を積極的に摂らなければなりません。
育毛効果のある栄養素といえばタンパク質が有名ですが、それだけではありません。
実は美容成分でおなじみのコラーゲンにも育毛効果があるといわれています。
ここでは、なぜコラーゲンが髪にいいのか、またどんな食材から栄養補給できるのかについてご紹介します。

・コラーゲンと毛髪の関係


コラーゲンを摂るとなぜ毛髪が活性化できるのか、その理由は、コラーゲンを摂取することによって毛乳頭と毛母細胞を活性化させることができるからです。
毛髪が作られる場所は毛乳頭と毛母細胞であるといわれ、この部分が栄養不足になったり弱ったりすると強い髪を育てることができないのです。
逆に毛乳頭や毛母細胞を元気にすると髪の毛を元気にすることができ、この点でコラーゲンを摂ることはとても重要なのです。


効果については研究結果でも明らかになっており、コラーゲンを摂取すると髪の直径が太くなることが確認されており、そのことは学術発表されてもいます。
このことから、コラーゲンの力が気休めではなく、本当に育毛にいいということが分かります。


さてコラーゲンを体に取り込む方法には2つあって、一つは食材から、もう一つはサプリメントからです。
食材で摂る場合は、豚バラ肉、牛テール、牛スジ、軟骨、手羽先、鶏の皮、豚足などです。
コラーゲンサプリはたくさんの種類がありますが、栄養成分を見て、なるべくコラーゲンの含有量が多いものを選びましょう。
またサプリメントでコラーゲンを摂る場合は、効果を得るために継続して飲み続ける必要があります。
効果の現れ方は人それぞれですが、少なくとも半年から一年は継続して飲む必要があります。
サプリメントは薬ではありませんが、飲み過ぎるとよくない場合もあるので、なるべく安全性の高いものを選ぶようになさってください。