外食と抜け毛・薄毛の関係






外食と抜け毛・薄毛の関係

最近抜け毛が目立ってきたという人は、生活習慣を改めなさいという合図かもしれません。
というのは、人間は生活習慣の仕方が悪いと、それによって抜け毛が促進してしまうことがあるからです。
生活習慣といってもいろいろな面がありますが、例えば食生活はどうでしょうか?
食生活についてもその方法によってはハゲを促進させてしまうことがあります。

ここではそうした影響の2つの面について考えてみましょう。

・食生活が髪に悪い影響を与える事例

食生活が頭髪に悪影響を与えるパターンとしては、まず食べ過ぎ飲み過ぎがあります。
これは栄養バランスに関係なく、とにかく食事の量が多いということが問題になります。
食事は適度に食べると問題がありませんが、必要以上に食べると体に負担となり、供給過多になって効率よく排出することができなくなります。
結果、体のいたるところに老廃物が溜まってしまい、肥満になったり血流を悪くしてしまいます。
そして血流が悪くなると免疫力が低下するので、それが脱毛を促進するようになります。

もう一つの問題は、家で食事をとらずに外食ばかりにするということです。
これも食生活が頭皮環境に悪影響を与える典型的なパターンの一つです。
外食は必ずしも悪いわけではありませんが、そればかりになると栄養が偏ってしまい、そのことが抜け毛の原因になってしまいます。
また、外食に偏ると脂っこい食事をとることが多くなるので、動脈硬化になってそれが抜け毛の温床になることもあります。
以上のように、食べ過ぎ飲み過ぎ、そして外食に偏ること、この二つの食生活を続けることによって抜け毛を促進することがあるので、ぜひ注意してください。
一方、外食することが必ずしも悪いというわけではないことも知っておきましょう。

むしろ大切なことは、栄養が偏らないようにメニューを選ぶこと、そして毛髪に良い影響を与える栄養素が何なのかを知っておくことです。
そうすれば食べるもの、食べる量を注意して、頭皮への悪影響が及ぶことを避けることができます。