腸内環境と育毛体質の関係






腸内環境と育毛体質の関係

腸内環境が髪の毛の状態にも大いに関係しているといえば、あまりピンとこない方もおられるかもしれません。
なぜなら、腸内環境といえば普通は、便秘で悩んでる人の問題だと思うからです。
確かにそのとおりですが、しかし実は、腸内環境は髪の毛の状態にも影響を与えているのです。
影響を与えているどころか、腸内環境が悪くなれば抜け毛が増えることもあり、逆に腸内環境が良くなると髪が元気になることもあります。
それほど決定的な影響力を髪に与えているのが、腸内環境というものなのです。


・腸内環境が悪くなると抜け毛が増える理由

ではなぜ、腸内環境の状態はそれほど毛髪に影響を与えてしまうのでしょうか。
それは、体の免疫が関係していますが、要するに腸内環境の変化によって免疫系が影響を受けて、その免疫系の変化によって頭皮環境が影響を受けるというメカニズムがあるからです。
免疫が下がると頭皮環境が悪くなることはいうまでもありませんが、その免疫力を下げる原因を作っているのが腸内環境ということになります。
こういうわけで、腸内環境と頭皮環境は、免疫力の変化を通じて密接な関係を持っているのです。
早い話、腸内環境が悪くなって免疫力が下がると、薄毛になったり抜け毛が増える可能性があります。


そうならないようにするための対策としては、常に腸内環境が正常を保つようにしなければなりません。
そのための方法は、一つ、腸内で善玉菌を活性化させるための食品を摂ることです。
具体的には、プロバイオティクスとも呼ばれる機能性ヨーグルトを食べるのはとてもいいことです。
機能性ヨーグルトを食べると、善玉菌のエネルギー源を効率よく確保することができるので、腸内環境を正常に整えることができます。
また、乳酸菌サプリなど腸内改善サプリメントを摂取するのもいい方法です。

サプリメントなら余分な栄養素を排して必要な栄養素だけを摂ることができるので、体に不必要な負担を与えることなく腸内を整えることができます。
成分としては、キャンドルブッシュ、オリゴ糖、乳酸菌、ビフィズス菌、食物繊維などが、腸内環境改善に有効です。