肉中心の食生活と薄毛・抜け毛の関係






肉中心の食生活と薄毛・抜け毛の関係

薄毛・抜け毛予防をするためには、タンパク質を摂ることが欠かせません。
なぜなら、毛髪の主たる原料はタンパク質だからです。

このタンパク質が亜鉛やビタミンの助けを得てケラチンを合成し、そのケラチンが毛髪を構成していきます。
一方、タンパク質が必要だと聞いて、肉類ばかり食べる人もいるかもしれませんが、これは危険なことです。
もしタンパク質を肉類ばかりで摂るなら、育毛を促進するどころか、逆に抜け毛が増えてしまう可能性すらあります。
タンパク質は必要な成分だが、肉類の摂り過ぎはよくない、この点について考えてみましょう。

・肉類の摂り過ぎが髪に良くない理由

なぜ肉類の摂り過ぎは髪に良くないのか、その理由は、肉類には多くの脂肪分が含まれているからです。
そしてこの脂肪分を摂り過ぎることが、毛髪の成長を妨げてしまうのです。
具体的には、肉類を食べ過ぎることによって脂肪分が体内に多く取り込まれ、その脂肪分が毛穴を詰まらせたり、血流を悪くしたりします。
結果として、健全な毛髪の成長ができず、それどころか抜け毛が増えたり薄毛になったりします。
よって、タンパク質の吸収は肉類だけに頼らず、大豆など植物性タンパク質からも摂るようにしなければなりません。
要は、タンパク質が悪いのではなく、脂肪分の摂り過ぎがよくないということです。


もし肉類を食べるなら、植物性タンパク質と交互に食べるとか、できるだけヘルシーな肉類を食べることをおすすめします。
例えば、亜鉛や鉄分を豊富に含んだ豚レバー、コラーゲンたっぷりな牛レバーや牛タンもおすすめです。
レバーについては、牛に限らず豚も鳥も、ビタミンAがたっぷり含まれているので貧血の人には有効です。
どうしても肉類に偏りがちになる人は、血行障害を防ぐ働きをもつ、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEを含んだ緑黄色野菜を一緒に摂るようにしてください。
大切なことは、脂肪を摂り過ぎないこと、そして栄養が偏らないようバランスに注意することです。