髪の毛と代謝の関係性






髪の毛と代謝の関係性

体の代謝が悪くなると不健康になるという話しは聞いたことがあるかもしれませんが、代謝が悪くなるとハゲになるという発想はないかもしれません。
実は、代謝が悪くなると人間は禿げてしまう可能性があります。
正確にいえば、禿げる原因を作ってしまうといったほうがいいのですが、代謝の悪化は確実に頭皮環境に悪影響を与えます。

そのことは、実際に代謝異常性脱毛症という言葉があることからも明らかですが、どうして代謝が低下するとハゲの原因を作ってしまうのか、その理由について考えてみましょう。

・代謝と髪の毛の関係性

まずそもそも、代謝が悪いというのはどういう状態なのかを確認しておきましょう。
代謝が悪くなる、低下するというのは、体温が低下して血管が細くなったり、なんらかの理由で血流が悪くなるなどして、体の巡りが悪くなる状態のことをいいます。
さて、体の巡りが悪くなると、必要な栄養素が必要なところに運ばれなくなります。
そして、不要な老廃物もスムーズに外に排出されなくなってしまいます。
一方、髪の毛は健康な状態を保つためにいつも新鮮や栄養素を必要としていますが、体の代謝が悪くなって栄養が行き届かなくなると、新たに髪を作る成分がないので、根がなくなって抜け落ちるしかなくなります。
こういうメカニズムによって、代謝悪化によりハゲが促進されます。

ではどうすればいいのかというと、やはり体の代謝力をアップするしかありません。
代謝をアップさせる方法は食事や運動などいくつも方法がありますので、それを実践しましょう。
運動が苦手なら、お風呂に入ったり半身浴をすることで、体温を上げて代謝を良くすることができます。
また、暴飲暴食をやめたり、喫煙、過度な飲酒をストップさせるなど、生活習慣を改善することで代謝改善することもできます。

食生活では体温を上げる食事を行うことが大切ですが、サプリメントを併用して栄養補給することもできます。
ポイントは体温低下を招かないようにすることですが、体温が低下すると血流低下に陥り、その状態が代謝を悪化させます。