ラーメンは髪の毛、頭皮に悪影響なのか






ラーメンは髪の毛、頭皮に悪影響なのか

薄毛改善、抜毛予防のためには、ラーメンを摂り過ぎないようにすることも一つの方法です。

こんなことをいえば、ラーメン好きの人は悲鳴を上げてしまうかもしれませんが、そういえるだけの理由がちゃんとあります。
ラーメン好きでなおかつ薄毛に悩んでおられる方は、以下に解説するラーメンと薄毛の関係性についてぜひチェックしておいてください。

・ラーメンの特長と髪の毛に与える影響

まず、ラーメンの特長を一つ挙げれば、それは油分・塩分がとても多いということです。
油分・塩分は、少しなら問題はありませんが、摂り過ぎると血の巡りを悪くしてしまいます。
そして血の巡りが悪くなると、新鮮な酸素と栄養素が頭皮に運ばれなくなります。
その結果として薄毛になる可能性がありますが、この点で、ラーメンの食べ過ぎは要注意です。
また別の側面からいえば、ラーメンは刺激の多い食べ物で、食べることで大量の汗が噴き出すこともあります。
汗が出る=皮脂の分泌ですが、これが過剰になると毛穴が詰まる可能性があります。
毛穴の詰まりは髪の成長を邪魔することになりかねませんが、この点でもやはりラーメンの食べ過ぎは要注意となります。

さて、ラーメンの食べ過ぎが髪に良くないことを解説しましたが、ここで誤解してはならないのは、ラーメンを食べることが全て薄毛の原因になるわけじゃないことです。

確かに、食べ過ぎることによって薄毛の原因を作ることはありますが、量を考えて適度に食べれば問題はありません。
むしろ、大好きな物を我慢することによってストレスが貯まれば、そのストレスで禿げてしまうこともあります。

よってバランスを考えて、取り過ぎにならないよう注意しながら食べてください。
また、食べる量だけではなく、消化のいい時間に食べることも重要です。
これはラーメンだけに限った話ではありませんが、夜中など消化の悪い時間に食べると、十分に消化されず脂肪が蓄積して、代謝低下と血流の悪化を招いてしまいます。
もちろんこのどちらも、薄毛・抜け毛の温床となるものです。