脂っこい食事と髪への悪影響について






脂っこい食事と髪への悪影響について

髪の毛を強くするために、食事で栄養補給するのはとてもいいことです。
食品の中には毛髪の活性化に役立つものが多くあり、それらを積極的に摂ることによって抜け毛を減らしたり、髪にコシを与えることができるようになります。
しかし、食べるものや食事の仕方を間違えると、髪を強くするどころか逆に弱らせてしまう可能性がありますので、その点も理解しておきましょう。
よってまず、どんな食品が髪の毛に良くないのか、それを知っておくことです。
さらに、食事の仕方についてもどんな風に摂ればいいのか、良い方法と悪い方法を知っておきましょう。


・脂っこい食事が髪に良くない理由とは

髪に良くない食べ物の筆頭といえば、ずばり脂っこいものです。
カロリーの高いものには脂っこいものが多いのですが、肉料理、カップラーメン、コンビニ弁当がまさにそうです。
脂っこい食事は、それを多く摂ることによって血流を悪くさせます。
血流が悪くなると代謝が悪くなり、それが過剰な皮脂の分泌を呼び、さらに毛穴の詰まりも生じさせ、抜け毛が増える原因を作ってしまいます。
したがって髪の健康を考えるうえでは、脂っこい食事の摂り過ぎは禁物です。
一人暮らしの方がこの点で注意したいのは、コンビニ弁当や外食だけで食事を済ませてしまうことです。
コンビニ弁当や外食は脂肪分が多くなってしまうので、自炊して脂肪分を抑えた食事をすることが理想です。

それでは一方、髪の毛にいい食事とはどのようなものでしょうか。
基本的には、いろいろな栄養素をバランスよくとるのが理想的です。
どれか一つに偏るのではなく、幅広くいろんな栄養素を適度にちょっとずつ摂ることです。
その中でも特に毛髪成分を合成するために必要な栄養素は、ビタミンB、亜鉛、タンパク質です。
タンパク質は毛髪の主成分であるケラチンの材料となり、亜鉛やビタミンBはその生成をサポートする働きがあります。

ちなみに食べ方にも注意が必要ですが、栄養価が高いからといって食べ過ぎないこと、また夜寝る前に食べないように注意してください。
寝る前に食事をすると肥満の原因になりますが、肥満は薄毛の大敵といわれています。