塩辛い食事と髪の毛の関係






塩辛い食事と髪の毛の関係

カップラーメンが大好きで毎日食べるという人は、薄毛になることを注意したほうがいいかもしれません。
なぜなら、塩分たっぷりのカップラーメンを摂り過ぎることによって、抜け毛が増える可能性があるからです。
カップ麺好きの人にとってはとても衝撃的な話ですが、なぜカップ麺が髪に良くないのか、その理由について知れば素直に改善できるようになります。

ここでは、塩辛い食事が髪に良くない理由と対処法についてご紹介します。

・塩辛い食事が髪によくない理由とは
なぜカップ麺の摂り過ぎが髪に良くないのか、それは一度にたくさんの塩化ナトリウムを体内に取り込んでしまうことになるからです。
塩化ナトリウムは決して悪いものではありませんが、一度にたくさんの量を取り込むと血中水分量を増加させてしまいます。
血中水分量が増加すると、それが原因で高血圧になります。
高血圧になるとその傷害の一つとして、頭皮の毛細血管の循環が悪くなってしまいます。
早い話、頭皮に必要な栄養素が行き渡らなくなってしまうのです。

ゆえに、カップ麺など塩辛い食事を摂り過ぎることは髪に良くないのです。
毎日のように塩辛い食事ばかりを摂っていると健康な髪が育たないどころか、抜け落ちる原因を作ってしまいますので注意してください。

ではどうすればいいのか対処法について考えてみましょう。
塩辛い食事が原因で抜け毛が増えてしまうのであれば、もちろんそうした食事を避けることが賢明です。
ただし、塩辛い食事をやめればそれですむかといえば、そう単純でもありません。
他にも髪の成長を妨げる食事があり、それらについても避ける必要があります。
例えば、ハンバーグや焼肉など肉類を使った食事です。
こうした食材には動物性たんぱく質が多く含まれていますが、動物性たんぱく質っも取り過ぎると薄毛の原因を作ってしまうことがあります。
ですからこうした脂質の多い食事を控えること、そしてそれと同時に脂質代謝のいい食事をとり、なおかつ頭髪の成長に不可欠な栄養素をバランスよく摂るようにしなければなりません。