亜鉛の取り方






亜鉛の良い取り入れ方

薄毛予防に欠かせない栄養素といえば、亜鉛があります。

もし今、薄毛が目に見えて進行している人がいるなら、この亜鉛不足を疑ってみるといいでしょう。 なぜなら、亜鉛は毛髪の主成分であるケラチンの合成に関与しているからです。 つまり、亜鉛が不足するということは、毛髪の成長を妨げることになるのです。 よって、薄毛を食い止めて元気な髪を取り戻すためには、亜鉛の補給が絶対に欠かせません。 ただし、ただ摂取するだけでなく、亜鉛を効率よく吸収することも考えなければなりません。 ここではまず、どんな方法で亜鉛を摂るか、そしていかに効率よく吸収するかについて考えます。
亜鉛を含む食品と吸収性を高める方法
まず亜鉛を食品で摂取するなら、赤米、黒米、アーモンド、カシューナッツ、抹茶、緑茶、ゴマなどがあります。 さらに、そば、豆腐、きな粉、豆腐、大豆、卵黄、レバー、チーズ、牛肉、うなぎ、牡蠣などからも摂取できます。 亜鉛の含有量は食品によって異なりますので、含有量をチェックして食材を選んでいきましょう。 また、サプリメントで補給することもできますが、サプリを使うときは過剰摂取と副作用に注意してください。

亜鉛を効率よく取り入れる!

さて、亜鉛はそのまま摂っても補給はできますが、効率よく摂って吸収性を高める方法があります。 それは、亜鉛と相性のいい栄養素を同時に摂るという方法です。 例えば、動物性たんぱく質と一緒に取ることで、亜鉛の吸収性が良くなることを知っておくといいでしょう。 また、キレート作用のあるクエン酸と一緒に取ることで、やはり亜鉛の吸収が促進できます。 そしてビタミンCにも同じくキレート作用があり、このビタミンCと亜鉛を同時に取ることで吸収性は高まります。
逆に、亜鉛と一緒にとることで吸収性を悪くしてしまう食材もあります。
ほうれん草などの緑黄色野菜はまさにそおうで、緑黄色野菜に含まれているシュウ酸は亜鉛と相性が悪く、吸収力を低下させてしまいます。 加えてスナック菓子などに入ってるポリリン酸も、亜鉛と結び付くことで吸収を悪くしますので注意しておいてください。