出産後の抜け毛とホルモンの関係について






出産後の抜け毛とホルモンの関係について

出産後、いきなり抜け毛が始まって、その量が次第にどんどん増えていき、このままでは薄毛になるのでは・・・と心配になるママも多いようです。
実際、出産後は薄毛になるママも多いので、確かに出産後は脱毛が激しくなります。
しかしそれは一体何故なのでしょうか?出産と何か関連があるのでしょうか。

・ホルモンバランスの崩れによるもの



出産後はホルモンバランスが崩れるものです。
特にエストロゲンやプロゲステロンの増加や減少が起こります。
エストロゲンは毛髪の寿命を長くしますが、一時的に出産後はこのエストロゲンが減少するということが見られています。
そのためまだ成長期である髪の毛が脱毛するということは不思議ではありません。

妊娠期間中は大量のエストロゲンとプロゲステロンが分泌されているのですが、出産後一気に減少するため、抜け毛が一気に始まるのです。
その変化が急激なために体がそのホルモンバランスの分泌の変化についていけず、脱毛という形で現れてしまうのです。
妊娠中には毛量が増加すると言われていますから、その分が一気になくなると考えると、それ相応とも考えられますね。

また出産後は生活が一変します。
自分より赤ちゃん中心の生活になりますから、どうしても生活が不規則になります。
寝不足、栄養不足などなど、髪の毛にはよくないことが起こり始めます。
そのことによって毛周期などが狂ってしまうということもあるんですよ。
そのため抜け毛が増徴されるということもあるのです。
せめて食事はしっかり栄養のあるバランスのとれたものを食べるようにしましょう。
そのほうが授乳中のママの母乳もしっかり栄養のあるものになりますから、オススメです。
またイソフラボンを積極的に食べることもオススメです。
豆乳や豆腐など、女性ホルモンに似た作用を持つものを摂取することによって毛髪を保つことができます。

少なくとも出産後の脱毛は半年以内に収まるケースが多いので、それまではガマンしてみましょう。
徐々に抜け毛が収まってくるのが分かりますよ。