高齢出産後の薄毛や抜け毛について






高齢出産後の薄毛や抜け毛について

高齢出産でなくとも、通常の分娩でも、出産後には抜け毛が多くなります。
それはエストロゲンと呼ばれる女性ホルモンが妊娠中は多量に分泌されていたのが、一気に減少するからなので、なんら不自然なことではありません。
しかし高齢出産と薄毛は何らかの関連があるのでしょうか?実は30代からの出産では抜け毛の状態が少し違うようです。

体が衰えるように毛根自体も衰えていきますよね。
そのため若いうちはごっそり毛は抜けてもすぐに生えてきますし、それほど薄毛で悩んだりはしないでしょう。 産後半年もすれば完全にもとの状態に戻ることができます。

しかし年齢があがればあがるほど髪の毛の生え変わりも遅くなり、回復に時間がかかってしまうのです。
つまり、半年たっても薄毛のまま、の状態が続いてしまうというわけです。
抜け毛の時期が長く続き、元の状態に戻るまでに2年もかかった、なんて話は高齢出産ではよく聞く話です。
それだけ毛母細胞も衰えており、回復に時間がかかっているということになります。

高齢出産だと何かと新生児の世話は若い年代のママと比べると辛いものがあります。
授乳もしくはミルク、抱っこ、ねんね、オムツ代え、それだけならまだしも、意味なく大泣きする我が子にどうしたらいいの!?という育児ノイローゼにかかってしまうママもいるのです。
高齢出産はそれだけ体力を使いますから、旦那さんなどうまく使って、家事を手伝ってもらうようにしましょう。

・家事を休んで髪の毛に良いことを


具体的には高齢出産の薄毛対策としてはバランスの良い食事、眠れるときにはしっかり眠る(新生児の眠りに合わせて眠る)、そして育毛のためのサプリメントなどを飲むと良いでしょう。

出産後半年経ったら抜け毛が収まる、というのは若い世代の話で、半年以上抜け毛が長引いているなら、上記のような対策が必要です。
育毛サプリメントも無添加のものを選びましょう。
これは赤ちゃんのためでもありますから、添加物が少ないものがベストです。

育毛剤は使っても構いませんが、成分をしっかりチェックしておきましょう。
一度その成分を産婦人科の先生に見てもらうと安心ですね。

高齢出産は何かと大変なことが続きますから、せめて髪の毛だけでも早く取り戻したいと思うなら、サプリメントと育毛剤で乗り切りましょう。