コンディショナーとリンスの違いと必要性






コンディショナーとリンスの違いと必要性

リンス、コンディショナーと女性にとってヘアケアアイテムであるものは様々ありますが、実際ヘアケアでリンスやコンディショナーは必要なものなのでしょうか?どこからか情報が流れてきたのですが、リンスは99%必要ないということも言われています。

実際本当にリンスはいらないのでしょうか?まずはコンディショナーとリンスがどのような働きをしているかによって説明していきましょう。

・リンス・コンディショナーの違いとは


リンスは髪の毛表面をコーティングする役割を持っています。
コンディショナーのほうがリンスより保湿力が高いため、最近はリンスよりコンディショナーの人気のほうが根強いようですね。

つまりリンスとコンディショナーはほぼ同じ役割をしているといっても良いでしょう。
ただ、何故リンスやコンディショナーはいらないと言われているのでしょうか?実はリンスは傷んだ髪の毛を修復したりする外部刺激から守る役割をしています。
コーティング剤と呼ばれる髪の毛の表面を覆うことにより、指通り、ツヤを良くしたり、髪の毛の広がりを抑えることが出来るのです。

しかしリンスはシリコンでできています。
化学薬品のこのシリコンは近年髪の毛に悪影響があると問題視されており、ノンシリコンのシャンプーやリンスが多量に売れているという実績もあります。
何故シリコンが悪いのかと言うとタンパク質を壊してしまうからなんですね。

ですからリンスやコンディショナーは必要ないのではないかと言われているのです。
ヘアケアの観念からしてみると必要ではないと言えるのです。

ただ、シャンプー後の乾かしに関してはドライヤーしづらい面もあるでしょう。
髪の毛がきしんだり絡まったりしますから、それは辛い流さないトリートメントをつけて指通りを多少よくしてからドライヤーをあてるという方法が良いでしょうね。
ですがあまりにリンスやコンディショナーを敵視しても仕方ありませんから、必要であるのなら利用するのも良いでしょう。