女性の薄毛は遺伝によるの?






女性の薄毛は遺伝によるの?

最近髪の毛にボリュームがなくなってきた、頭頂部の地肌が見えるようになってきたような気がする、抜け毛がシャンプーのたびに多くなっている気がする・・・どれも女性にとって一大事の悩みですよね。
そう考えると、自分の父親が薄毛だった記憶が蘇ります。
もしかして、薄毛って遺伝するのかも!?
そう考える女性も多いかもしれません。
実際、女性の薄毛は遺伝と関係があるのでしょうか?

結論から言ってしまうと、遺伝による薄毛は存在するようです。
しかし親が禿げているからと言って、自分も必ず薄毛になるとは限らないということです。
早目に薄毛対策をして、栄養や睡眠をしっかり摂っているならば、薄毛とは無関係でいられることでしょう。

・ライフスタイルが薄毛を決める


薄毛の原因は遺伝であると色々男性型では言われていますが、女性側としては、食生活やライフスタイルなどに問題が多いことが多いのです。

親が甘いもの、脂っこいものが好きでよく食べていたり、甘いものが好きで太り気味、これは薄毛になりやすい体質だと言えます。
子供の頃などは料理は母親手作りのものだったでしょうから、リクエストしなくても脂っこいものや甘いものが出てきたことでしょう。
それを食べ続けていたのであれば、食生活に問題があって薄毛になる可能性が高くなったといえるのです。
親元を離れて一人暮らしをして初めて、自炊でバランスの良い食事を摂ることによって薄毛の可能性から遠ざかることができますよね。

すでに出来上がってしまったライフスタイルを変えることはなかなか難しいですが、親元を飛び出しさえすれば、自分好みの生活を行うことができます。
薄毛が気になるなら、脂っこいものや甘いものを摂り過ぎないように抑えることが必要です。


薄毛が遺伝する、というのはこうした説からなっているのです。
同じ遺伝子を持つ人々が同じ空間で一緒の生活を送ることによって、自分も薄毛体質になるということはたびたびあることです。
自分で自分の髪は守りましょう。