女性ホルモンと薄毛






女性ホルモンと薄毛

女性ホルモンと薄毛には密接な繋がりがあるということをご存知だったでしょうか?女性の髪の毛のハリツヤが失わせていくことと、女性ホルモンが減少していくことは同時に起こるべきことだったのです。
年齢を重ねると髪の毛がどんどんパサついたり白髪やうねりなどが出てきますよね。
薄毛にも悩まされるようになります。

女性ホルモンにはエストロゲンと呼ばれる物質が存在しており、コラーゲン生成や肌の弾力のもとであることはよく知られています。
しかし髪の毛に対してもアプローチがあることはそれほど知られていないのです。


・出産時にも起きる症状


抜け毛や薄毛は年齢だけが問題ではなく、出産時も同じようなことがおきます。
抜け毛、薄毛などの問題です。
これは女性ホルモンのバランスがとれていないせいだとも言われています。
ですから女性ホルモンの減少による薄毛というものは確かにあるのです。

通常黄体ホルモンとエストロゲンが優位にたつことが交互に行われていることが、一気にエストロゲンがなくなることで髪の毛も一緒になくなってしまうこともあるというわけですね。


ヘアサイクルも乱れますし、女性ホルモンと薄毛には深い関わりがあると言えるでしょう。
薄毛だけでなくフケやかゆみ、ニキビなど頭皮トラブルが起きる可能性も少なくありません。
トラブルを予防し、改善するためにはホルモンバランスを意識しながら頭皮のケアにあたることがオススメでしょう。

また薄毛になるのは女性ホルモンが減少していく40代以降と言われています。
髪の毛の成長期が短くなり、休止期が長くなっていくのです。
そのため表面に出ている髪の毛の量が全体的に少なくなり、全体のボリュームがなくなってしまいます。
休止期に入ったまま死滅してしまう毛根もあります。
また貧血やストレスなども女性の薄毛には関連していると考えられていますから、冷えの改善にも努めたほうが良いでしょう。
エイジングケアをすることによって女性の薄毛も進行を遅らせることが出来るのです。