男性と女性の薄毛の違い






男性と女性の薄毛の違い

女性の薄毛が昨今注目されてきたところではありますが、男性の薄毛とどう違うのでしょうか?根本的なところの違いがあるのでしょうか。


まず、男性は女性より遺伝的な要素が多いと言われています。
隔世遺伝でもはげは遺伝すると言われていますから、両親のどちらかの家系に薄毛、はげの男性がいるのであれば、自分もその仲間に入るかもしれないということを覚えておきましょう。
男女関係なく問題になってくるのが髪の毛の悩みだと言われています。
女性の髪の毛も細く弱くなりますし、男性もはげの状態が出てくることがあります。

しかし男性のほうは毛根部の細胞が男性ホルモンに弱い、という遺伝的な要素がつまっていることがあるのです。
しかし女性の場合は遺伝的な要素もありますが、外的要因のほうが大きいと言われています。
それは年齢や過度なヘアケア、カラーリングやパーマなど、ストレスやダイエットなど外的要因によって毛が細くなり、髪の毛が抜けてくるというわけですね。
そして全体的なボリュームがなくなってくるのです。

・女性の薄毛は改善しやすい


髪の毛がはげてしまう男性の脱毛と異なり、女性の場合、髪の毛1本1本が細くなるので、脱毛とな異なります。
ですから女性の薄毛は実は改善しやすいと言われているのです。
育毛剤による頭皮のケアをする、栄養補給や生活習慣を見直すことにより改善することがあるのです。
薄毛ケアは即効性があるものではありません。
ですから1日2日で治るというものではないのです。
少なくとも半年以上は治療に時間がかかると思っておいたほうが良いでしょう。
ライフスタイルを規則正しく変えても、どうしても抜け毛や薄毛が治まらない場合、育毛剤の使用や相性が悪い可能性がありますから、育毛剤を変えてみることも必要です。
育毛剤は使い始めてから半年以上経たなければ効果を発揮しないこともありますから、少なくとも半年は様子を見るようにしたほうが良いでしょう。
しかし大きな抜け毛には病気が隠れている場合もありますから、医療機関に一度相談することも必要になるでしょう。