妊娠中の育毛剤 母子への影響について






妊娠中の育毛剤 母子への影響について

妊娠中に抜け毛がすでに始まる女性も多いようですね。
そんな女性は育毛剤を使っても良いのでしょうか?あまりに薄毛で通院するのも恥ずかしい、とまでなってしまうと育毛剤に頼りたくなる気持ちも分かります。
また妊娠しているということはある程度若い年代の女性であることから、薄毛は恥ずかしい、という気持ちは大きいのです。


・結論として妊娠期間に使えるの?


結論として言ってしまうと、妊娠期間中には育毛剤に含まれる成分によって異なりますから、医師に確認をあおいだほうがよいということになります。
育毛剤は頭皮につけるものだし、薬でもない体に入らないものだからいいんじゃないの?と思う人も少なくありません。
しかし頭皮の毛細血管から体内に取り入れられる成分もあるのです。

妊娠中に絶対やめておきたい育毛剤は医薬品であるものです。
タブレットタイプのフィナステリド、ミノキシジルなどはやめておきましょう。


基本的に医薬品の育毛剤は副作用が強いものが多く、胎児にもしものことがある危険性はあるのです。
何故妊娠期間に抜け毛や薄毛になってしまうのかというと、やはり胎児に栄養をとられているということが大きいです。
しかしそれも数ヶ月で治まってきますし、つわりが終わり、食べ物から摂取した成分が胎児に回るようになれば抜け毛も抑えられます。

妊娠中の育毛剤の使用はとかく女性用のものを選ぶのが良いですね。
それも市販されている一般的には効果の弱いものを選ぶことが大切です。
胎児への影響を考えると、やはりそれくらいが望ましいでしょう。
また医師への確認も必要となります。
どれだけ優しい成分を使っていても胎児に与える影響のある成分があるのなら、それは避けたいところです。

女性は妊娠、授乳期間になるとどうしても抜け毛や薄毛になってしまいます。
それは仕方のないことですが、いずれはちゃんと納まりますから、そのまま薄毛になってしまうという考えは捨てておきましょう。