女性のホルモンバランス・加齢・抜け毛の関係性






女性のホルモンバランス・加齢・抜け毛の関係性

年齢を重ねると、どうしても女性ホルモンが減少します。
そのため、薄毛になりやすい、抜け毛が増えるという現象が起こります。
女性の場合、男性型脱毛症とは異なり、全体的なボリュームがなくなっていくという症状が出てきます。

女性の薄毛にはホルモンバランスが乱れるという1つの原因があります。
加齢に伴ってホルモンの分泌量が減少し、女性ホルモンは髪の毛とかかわっているエストロゲンがあるので、不足すると髪の毛が細くなったり抜け毛が増えたりしてしまいます。
出産の場合でも抜け毛はとても多くなり、排水溝が毎回詰まるような事態になりますが、しかしこれは半年もすれば治まってきますから、女性ホルモンが安定することで髪の毛のバランスは保たれていると考えても良いでしょう。

・ホルモンバランスが乱れると何故髪の毛が減るのか


ホルモンバランスは女性はどちらかというと乱れやすいと言えます。
男性のそれと異なり、思春期で生理が始まるころや、妊娠、出産期、更年期と年齢を重ねるごとに女性ホルモンが変化していきます。

特に年齢による薄毛はホルモンバランスの乱れによるもので、更年期に起こる場合が多いようです。
ホルモンバランスは年齢を重ねると減少しますから、更年期に入ると女性ホルモンが減少し、薄毛になりやすいのです。
しかし更年期は必ずやってきますし、女性ホルモンは徐々に減っていくのを止められません。

更年期などで女性ホルモンが低下すると男性型脱毛症のような症状が起こる可能性も指摘されています。
そのため、男性型脱毛症のようなはげに悩む女性も多いようです。
男性型脱毛症は額から徐々にはげてくるのが特徴となっています。
しかし男性型脱毛症が治療によって治っていくのに対し、女性は更年期に入ったら諦めてしまう人が多いようです。
しかし更年期に入って諦める前に、一度医療機関に相談しに行き、検査を受けてみませんか?まだ髪の毛をあきらめるのは早いですよ。
しっかり治療して薄毛を改善しましょう。